アクション設定について

アクション設定とは?

LinkATのアクション設定とは、あらかじめ特定の動作を設定しておき、様々なタイミングでその動作を実行できる機能の事を言います。

例えば、アンケートに回答した人に対してのみ特定のリッチメニューを表示したい場合。

まず、リッチメニューを切り替えるというアクションを作成致します。

次にアンケートの作成画面においてあらかじめ作成しておいた、リッチメニュー切り替えのアクションを設定することで、アンケートに回答した人に対してのみ特定のリッチメニューを表示する事が出来ます。

それでは、アクション設定とはどのような操作が可能なのかを見ていきましょう。

アクションで設定できる動作について

アクション設定では大きく分けて3つの動作を設定する事が出来ます。

①テンプレートの配信

②タグの操作

③リッチメニューの操作

それぞれを詳しく説明していきます。

テンプレートの送信

あらかじめ作成しておいたテンプレートを、アクション実行時に配信したり、時間を指定して段階的に送信することも可能です。

実際の設定の仕方を見ていきましょう。

①アクション設定を選択>アクション名を入力後>テンプレート送信をクリックしてください。

②テンプレートを選択>配信タイミングを選択してください。
【配信タイミングの詳細】
*すぐ送信⇒アクション実行時に送信
*送信を遅らせる⇒アクション実行の1分後~60分後で送信
*後で送信する⇒アクション実行の翌日~最大31日後で送信

③配信タイミングを「後で送信する」で、複数のテンプレートを組み合わせる事で段階的にテンプレートを配信することも可能です。

④最後にアクション登録のボタンを押して作成完了です。

*アクションでテンプレートを送信した場合は通数としてカウントされます。
アクションでテンプレートを送信する場合は、送信までに最大60秒ほど遅れる場合がございます。

タグ操作

アクション設定ではタグの操作も可能です。アクションでタグの操作をするためにはあらかじめタグを作成しておく必要があります。

それでは設定の仕方を見ていきましょう。

①アクション設定を選択>アクション名を入力後>タグ操作をクリックしてください。

②操作からタグの設定またはタグの取り外しを選択してください。

③操作するタグを選択してください。

④最後にアクション登録を押して作成完了です。

リッチメニューの操作

最後に設定可能なのがリッチメニューの操作です。

特定のタイミングでリッチメニューを切り替えたいときなどに便利な機能になります。

設定の仕方を見ていきましょう。

①アクション設定を選択>アクション名を入力後>リッチメニュー操作をクリックしてください。

②操作からリッチメニューを設定もしくはリッチメニューを外すを選択してください。

③あらかじめ作成しておいたリッチメニューを選択してください。

④最後にアクション登録を押して作成完了です。

アクションの実行方法について

続いて作成したアクションをどのように実行できるのかについて説明していきます。
アクションを実行仕方は以下の通りとなります。

【アクションの実行の仕方】
①友だちリストからアクションを実行
②個別トーク画面からアクションを実行
③質問の回答時にアクションを実行
④カルーセルの回答時にアクションを実行
⑤アンケートの回答時にアクションを実行
⑥リッチメニュー操作時にアクションを実行
⑦流入経路分析のQRコード読み込み時にアクションを実行
⑧コンバージョン計測で特定のページに訪れたらアクション実行


それぞれについて詳しく説明していきます。

友だちリストからアクション実行

友だちリストからアクションを実行することが出来ます。
任意の友だちに対して一括でアクションを実行できるの便利な機能です。


個別トーク画面からのアクション実行

個別トーク画面からアクションを実行する事が可能です。特定の個人に対してアクションを実行することが出来ます。


質問の回答時にアクション実行

メッセージ配信において質問を作成する際に、回答ボタンを押した際にアクションを発動させることが出来ます。選択後の挙動をアクションに設定すれば設定完了です。


カルーセル回答時にアクション設定

カルーセルの回答時にもアクションを発動させることが可能です。
メッセージ配信でカルーセルを作成する際に選択後の挙動をアクションを設定してください。


アンケートの回答時にアクションを実行

アンケートの回答時にアクションを実行することも可能です。
アンケートを作成する際に、オプションから回答後のアクションを選択してください。

リッチメニュー操作時にアクションを実行

リッチメニューを作成する際に、セクション毎の挙動をアクションに設定する事で、友だちがリッチメニューを操作したときにアクションを実行させることが出来ます。

流入経路分析のQRを読み込み時に実行

LinkATの流入経路分析を設定する際に、アクションを設定する事が可能です。
QR毎に異なるタグを設定したりすることが出来ます。


コンバージョン計測でのアクション実行

コンバージョン計測で、特定のページを友だちが訪れたさいにアクションを実行させることが可能です。


まとめ

アクション設定では、友だちを管理するためのタグを様々なタイミングで付与したり、リッチメニューの切り替えを行うことが出来る便利な機能です。

アクションを使いこなして、友だちの管理や効果的な案内をしていきましょう。